“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第46回 酒鈴の会 開運さんを囲む会 の結果報告 その1

平成21年9月21日(土)に行われたお酒の会です!
遅くなりましたが、がんばってアップしていきます・・・。

この日のドリンクメニュー

酒鈴の会 開運1

★開運 純米大吟醸 斗瓶取り 無濾過 生原酒 純大8-2
★開運 “県知事賞受賞酒” 大吟醸 生詰 原酒 平成21年静岡県新酒鑑評会出品4号仕込み 中取り
★開運 “波瀬正吉” 純米大吟醸 斗瓶取り
★開運 “波瀬正吉” 大吟醸 斗瓶取り 無濾過 生原酒 首6-イ
★開運 大吟醸 生酒
最新鋭自動精米機による、全量自家精米をした新精精米歩合の高い原料を、使用酵母の新しい配合により、能登杜氏 波瀬正吉が永年の経験と技術により仕込んだ香り高い品
★開運 大吟醸 秘蔵古酒
昭和58年~平成3年の間に醸された大吟醸原酒を1994年6月に調合し瓶詰め貯蔵した作品
★開運 純米吟醸 赤磐雄町93%使用
★開運 ひやおろし 純米
★開運の仕込水 長命水

なっ!何じゃ~っ!
この超豪華すぎるラインナップ♪
波瀬杜氏の追悼集会にふさわしい、まさに“作・波瀬正吉”を楽しむ会ですっ!

この日のフードメニュー

前菜3種盛り(自家製なめ茸オロシ、紫芋 白胡麻ソース、自家製 烏賊の塩辛)
石川小芋の“きぬかつぎ”
スティック野菜 特製味噌ディップ
自家製ぬか漬け 蕪と胡瓜の一本漬け
鶏 白レバームース かりかりバタートースト添え
新銀杏といろいろ茸・青唐辛子とひじきのさつま揚げ 二種
新銀杏と砂肝の花山椒揚げ
手羽先唐揚げ 名古屋風

酒鈴の会 開運2

乾杯前のお酒の説明と、土井社長の挨拶。

まだまだ続きます♪

第46回 酒鈴の会 お知らせ♪

今年は、非常にあっけなく短い夏でしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて今回ですが、静岡県の蔵元 ≪ 開運 ≫ の土井酒造場さんをお招きします!
この蔵元の名杜氏 “波瀬正吉” さんが、非常に残念なことに今年7月16日に、お亡くなりになりました。
当会でも平成18年1月に蔵訪問した際にお世話になった縁もあり、今回は波瀬さんを偲んで、名杜氏入魂のお酒を皆さんと一緒に酌み交わしたいと思います。
是非お時間を合わせてお越しくださいっ!
※当日は土井社長がお越しになります。

日時   平成21年9月19日(土)
      17:00~19:00まで!(16:30から入場できます!)

場所   ≪ YAKITORI 鳥じん ≫
     横浜市中区不老町1-6-10苗場ビル2F
     045-680-0918
     JR関内駅 南口下車徒歩3分

会費   5,000円(酒・食事代込み)
      会費は当日申し受けます。

申込み先 幹事の花田さんまでEメールにて!
       E-mail:takayuki.hanada@nifty.ne.jp

     CHOJINブログを見ました!っと件名に書いてください。
     いたずらメールと思われ削除されます。
     参加者全員のお名前と代表者の連絡先、参加人数を書いて送信してください。
     折り返し連絡していただけるそうです。

     注意:当店、当ブログ上では、申し込みをお受けできませんのでご了承ください!

     
定員   先着25名様限定です!
     9月17日(木)で締め切ります。

出品酒  開運 波瀬正吉 大吟醸 斗瓶取り 無濾過 生原酒
     他、杜氏入魂のお酒を各種ご用意します。

第45回 酒鈴の会 の結果報告♪

無事冒険の旅から帰ってきました♪

だいぶ遅れておりますが・・・。
2009年7月25日(土)に第45回 酒鈴の会が YAKITORI 鳥じん で行われました♪

今回は宮城県から ㈱新澤醸造店 さんを、お招きしての会でした。

この日の出品酒

酒鈴の会 伯楽星1

秘蔵酒 純米大吟醸 (内容は聞いていますが、スペックをブログアップしないで!っと言われた国内最強クラスの凄い奴!?企業秘密♪)
伯楽星 純米大吟醸 雄町 生詰め
愛宕の松 限定 純米大吟醸 宮城県酒造好適米 ひより 生詰め
伯楽星 純米吟醸 おりがらみ 本生(季節限定)
伯楽星 純米吟醸 生詰め
伯楽星 特別純米 生詰
愛宕の松 “ひと夏の恋” 純米吟醸 ひとめぼれ 生詰め
愛宕の松 別仕込み63号 特別本醸造 極み

5名の蔵人で切り盛りする平均年齢のとても若い蔵だそうです!
そして“ミスこけし”が2名も在籍!(って、宮城県では有名なのでしょうか?)

蔵元専務の巌夫さんは何と!?純粋純米酒協会のきき酒名人に、史上最年少でなっています!
18種類だったかな?の日本酒をブラインドでマッチングしていく!
って言う事を行うらしいです・・・。

話を聞いたら、テイスティングしている途中で酔っパになりそうです・・・。(笑)

chojin boss より3歳年下ですが、恰幅が良いので風格があります♪
お肌がツルツルなのは、日本酒のおかげか・・・?(笑)

この日は兵庫県の酒米の契約農家である山田錦の特A地区で有名な吉川、東条から駆けつけていただいたようで、お土産をいただいてしまいました♪

酒鈴の会 伯楽星2

封を開けると、大量の“おまんじゅう”と“最中”っ!

酒鈴の会 伯楽星3

伯楽星、愛宕の松には、おまんじゅうが合うっ!いや、合わせろっ!っていうサブリミナルメッセージが込められているようです!
甘いおまんじゅうを頬張った後には、全体的に味の若く酸のたった“伯楽星”でスッキリと口内を洗い流しましょう♪
って言う意味に違いありませんっ!

話が本線から外れてしまいました・・・。(笑)
そろそろ戻ります。

この日のフードラインナップ♪
相変わらず、フードの写真が無い・・・。(笑)
気になる方は参加しましょう♪

前菜(なめ茸おろし・オクラ 梅肉ソース・南瓜 黒胡麻ソース)
茹でたて枝豆
冷 茶碗蒸し 本じゅんさい添え
水茄子 玉蜀黍 スモークチキンのサラダ 大葉風味のオニオンドレッシング
鶏 胸身のタタキ カルパッチョ仕立て 加減酢のジュレ
手羽先 唐揚げ 名古屋風
炭火焼鳥(ねぎま・おっぽ・つくね・肝・ささみ梅じそ・白美人葱)

暑いのでサッパリめのメニューしにました。

とりあえず蔵元とパチリっ!

酒鈴の会 伯楽星4

そして酒鈴の会の面々!

酒鈴の会 伯楽星5

左から chojin boss、幹事の花田さん、新澤蔵元、鈴木さんです。

まずは、秘蔵酒で乾杯っ♪

酒鈴の会 伯楽星6

蔵のポリシーは“究極の食中酒”“究極の3杯目”です!
決して派手でなく、インパクトもあまり無いのですが、

「飲み続けられる、飲み飽きしない日本酒」

食事と合わせることによって、相乗効果により旨くなる名脇役!
っとでも言いましょうか?

酒鈴の会 伯楽星7

新澤蔵元、本当は日本酒の徹底した品質管理の説明として、経過日数と温度による日本酒の味の
変化と、様々な流通過程における味の劣化と管理方法、美味しいと思えるタイミング等の話をしよう
としていたようですが、断念・・・。(笑)

酒鈴の会のメンバー相手では、おそらくドン引きされる空気を読んだようです!
さすが若くても蔵を担っているだけあり、臨機応変な対応ができる頭のキレる柔軟な方です。

蔵元を代弁して言うと・・・、
フレッシュローテーション=新鮮な日本酒を新鮮なまま消費者に届ける!

適温管理適正在庫をする酒屋さん→適温管理適正在庫をする飲食店→消費者

要は、YAKITORI 鳥じん で飲みなさい!って事です♪(笑)

愛宕の松 純米大吟醸 限定品 ひより

酒鈴の会 伯楽星8

伯楽星 純米吟醸

酒鈴の会 伯楽星12

会も終盤にさしかかり、蔵元からの太っ腹協賛品(Tシャツや、前掛け、日本酒等)のじゃんけん大会など♪

酒鈴の会 伯楽星9

店主も何故か頂いてしまいましたっ!(おまんじゅうも頂いているのに恐縮です♪)
JAL国際線の機内酒にも採用されている逸品で非売品です!

酒鈴の会 伯楽星10

“伯楽星 純米大吟醸”1合ボトル入り×3本です。
独り占めするのも何なので、スタッフに分配するやさしい chojin boss ♪
1本は家に持ち帰って飲みました。
お店で飲むのと、家で飲むのは、雰囲気や自分のモチベーション等感覚が違うのですが、

「何これ!?すんごい旨いっ♪」

一瞬で無くなってしまいました・・・。
今まで飲んだ伯楽星の中で一番美味しく感じました!
やはり、マイケルジャクソン ライブ・イン・ブカレスト のDVDを大音量で見ながら、リラックス空間での大吟醸酒は格別です♪
さすが“キング・オブ・ポップ”日本酒にもバッチリ合います♪
マイケルも酒も“スムース・クリミナル”です。

そして最後は、いつもの集合写真でキメッ♪

酒鈴の会 伯楽星11

とても盛り上がった会でした。
気の利いた新澤さんにも感謝っ♪本当に良い方でしたっ!

第45回 “ 酒鈴の会 ” のお知らせ♪

蒸し暑い毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

第45回 酒鈴の会 が、2009年7月25日(土)に、横浜 関内の本格炭火焼鳥と日本酒の専門店 “ YAKITORI 鳥じん ” で行われます♪

今回は、宮城県の蔵元 “伯楽星” の新澤醸造さんをお招きしての会ですっ!
明治6年創業、“荒城の月”で有名な土井晩翠氏がこよなく、この酒を愛し、遊びに来ては

「館山の頂開く酒むしろ愛宕の松の薫いみじく」

との句まで残し、飲み続けた・・・と云われる酒蔵の酒です。

新澤醸造店は、仙台から車で北へ50分程行った三本木町にあります。
弱冠25歳で史上最年少での難関 “ きき酒名人 ” に合格した若き後継者 “ 新澤巌 ” さんをお呼びするそうです!
関東での試飲会などにも、あまり出展していない酒蔵なので、中々お会いできないので chojin boss 個人的にも楽しみですっ!
皆で盛り上がりましょう♪

日時   2009年7月25日(土)
     17:00~19:00まで(16:30から入場できます。)

場所   ≪ YAKITORI 鳥じん ≫
     神奈川県横浜市中区不老町1-6-10苗場ビル2F
     TEL 045-680-0918

会費   5,000円(酒代・食事代込み)
     会費は当日申し受けます。

申込先  酒鈴の会 幹事 花田さん までEメールにて!
      E-mail:takayuki.hanada@nifty.ne.jp
      お名前、参加人数、TEL番号をお知らせください。
      文頭に “ 鳥じんのブログを見ました。 ” と、打ち込んでください。いたずらメールと思われて削除されてしまいます・・・。
注意:当店、当ブログ上では、申し込みをお受けできませんのでご了承ください!
     
定員   先着25名(7月23日(木)で締め切りです!)

出品酒  伯楽星 純米大吟醸
      伯楽星 純米吟醸 生詰め
      伯楽星 純米吟醸 おりがらみ 本生
      伯楽星 特別純米 生詰め
      愛宕の松 純米大吟醸
      愛宕の松 純米吟醸 生詰め
      愛宕の松 特別純米
      愛宕の松 別仕込み本醸
      蔵元の仕込水
      以上 予定です。

何と今回、新澤さんから素敵なプレゼント(非売品・非売酒)が多数協賛されるそうです!
是非、このチャンスに遊びに来て、皆で盛り上がりましょう♪

第44回 酒鈴の会 が行われましたっ!

2009年5月30日(土)の話ですが・・・。
アップが遅くなってしまいスミマセン・・・。

栃木県の蔵元 “ 旭興 ” の渡邉酒造さんを迎えての会でした。
蔵元からは、渡邉専務がいらっしゃいました。

この日の日本酒ラインナップ♪

酒鈴の会 旭興1

旭興 大吟醸 全国新酒鑑評会 金賞受賞酒
 南部杜氏自醸酒鑑評会5席受賞の出品したお酒そのままです。

旭興 吟醸 滓酒
 限定100本の上層時の滓を集めたものです。純米大吟、大吟、純米吟醸を混ぜているそうですが、
 例年あまり造れないはずが、思ったより多く、後の話で大吟醸を混ぜなければ純吟と書けたに・・・。
 っと言っていました。

旭興 純米吟醸 無加圧 斗瓶取り 生
 純米吟醸の無加圧の部分だけを集めたものです。

旭興 特別純米 直汲み
 特別純米酒の上槽時に槽から出てくるお酒を直接瓶詰めしたものです。

旭興 “ たまか ” 純米吟醸 生もと(桃色ラベル)協会7号
 全量手洗い、小箱麹、袋搾り、瓶燗の1回火入れ、一升瓶による低温貯蔵です。
 生もと仕込みの純米吟醸で、乳酸系の香りが特徴です。
 お燗に合う純米吟醸がコンセプト!

旭興 純米 生もと
 栃木県で新しく開発された「とちぎ酒14」の有効な使用法を考えて造ったお酒です。
 低精白ですが、それを感じさせないバランスの良いお酒です。

酒鈴の会 旭興2

旭興 蔵元の仕込水
 仕込水にしては、ラベルデザインがかっこ良いですネ!

この日のフードメニュー♪

お通し(なめ茸オロシ・オクラ 梅ソース・ひじき煮)
吟醸豆腐
冷やしフルーツトマト
竹の子のセモリナフリット 温泉玉子のソース添え
鶏 水炊き(〆の雑炊付き)

この日は chojin boss を含めた従業員2人で回した為、蔵の方とあまりお話できなくて残念・・・。
とりあえず渡邉さんと写真を♪

酒鈴の会 旭興3

一番左から、渡邉さん、chojin boss、鈴木さん、幹事の花田さんです。

まずは乾杯用に一番良い酒をっ!

酒鈴の会 旭興4

ガツンと来ますねぇ~♪
それでいてキレも良いです。良いお酒(出品酒)の味がします(笑)。
ラベルもピッカピカ!?

酒鈴の会 旭興5

会もヒートアップしてきました!
皆さん良い顔色になっています。

酒鈴の会 旭興6

もう一度撮れっ!っと、奥のテーブルがうるさいので、渋々パチリ・・・。(笑)
このあたりから、 “ 旭興 たまか ” の燗酒も楽しんでいたようです♪
(店主は飲んでませんが・・・。)

最後はお決まりの集合写真です♪

酒鈴の会 旭興7

皆さんご機嫌ですネっ!

~~~今回の会は、非常に残念な事件がありました・・・。~~~

“ 旭興 貴醸酒 百 純米吟醸造り 槽搾り瓶火入 とちぎ酒一四米 磨き60% ”

らしき酒を(未確認なので・・・。)会の酒とは別に、渡邉さんがわざわざ持ってきてくれていた様なのですが、

“ 心無い参加者 ”

の方が、持って帰ってしまう!
っていう荒業を繰り出した為、chojin boss は利酒出来ず・・・。
そしてオシャレなボトルの写真も撮れず・・・。(泣)

いくら酔っているとはいえ、いい大人なんですから、全員飲んだか確認して、

「中身の残ったボトルを持って帰っても良いですか?」

っと、主催者幹事の “ 花田さん ” に聞いてから鞄に入れて欲しいものです・・・。
旭興の渡邉さんも、「あれっ?どこ行きました?」って探していましたよ!
横浜の人間はマナーが悪いっ!
っと思われそうで非常に残念です。
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。