“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島からの挑戦状っ!

先日行った試飲会 “ やっぱり酒は広島じゃけん!! ” の参加蔵元の一つ ≪ 西條鶴醸造? ≫ さんからダンボール箱が届きました。箱を開けると中から出てきたのは、

西條鶴さんより

「拝啓、朝夕は涼しくなり日本酒の美味しい季節になってきました。
先日はお忙しい中、広島の酒きき酒会にお立ち寄り頂きありがとうございます。会場にてきき酒いただきました 純米酒2種 をお送りさせていただきます。
料理と合わせて試飲下さい。
会場とまたちがっていると思います。
これから酒造期に入ります。関東へ出張の際は、ぜひ立ち寄らさせて頂きたいと存じます。
鬼頭様のご健勝をお祈り申し上げます。
まずは御礼にて失礼します。   敬具」

西條鶴さんお手紙

と言う丁寧な文面と、その文面にあるであろう2種類の詳細説明文、と共に1合程の小瓶が2本・・・。

さて、この2本のラベルを良く見ると、全く同じスペック表記が・・・?。

西條鶴さんサンプル

******************

純米 “ 蔵楽 ” 瓶火入れ
蔵は楽しい 蔵で楽しむ 蔵を楽しむ
酒蔵で酒造りを楽しみ仕込みました。

・・・途中省略・・・

原材料 米・米麹 中生新千本
精米歩合 70%
アルコール度数 15度以上16度未満
日本酒度 +7
酵母 協会9号
酸度 2.2
醸造年度 平成19BY

******************

この2本全く同じである・・・。

詳細説明文にはたしかに

西條鶴さんサンプル詳細文

◎蔵楽 辛口 純米酒
使用米 中生新千本・精米歩合70%

◎蔵楽 純米吟醸
使用米 八反錦・精米歩合60%

とあります。

「まさかっ!」

2種類送ると書いておきながら慌てて同じものを2本送ってしまう “ おばかさん ” では、あるまいに、これはきっと僕に向けた挑戦状でしょう!

「君にはどっちか解るかね?」

とあざ笑うのが目に見えるようです。
まさに “ 蔵で楽しむ ” とスペック表記にされているまんまではないですか・・・。(笑)

さっそく試飲しました♪
両方をグラスに注ぎいれ、交互に何度も何度も・・・。

「こっ、これはっ!」
え~、はっきり言って同じ日本酒です!
慌てて同じ商品を入れてしまったのでしょう。
香り・色沢・粘度・含み香・辛さ他・・・。
中身は別だけどラベルだけ貼り間違えたのか?
酒造米が違うから、もっと味が違っていいはず・・・とか考えたり、
醸造年度が違うのか?とラベルを見直したりしちゃいました・・・。(一瞬の間ですが。)

まさに “ 蔵は楽しい ” 方ですネ!
そんなに慌てなくても良いですよ~♪別に逃げも忘れもしませんからっ!(笑)

西條鶴さんわざわざ丁寧に送って頂いてありがとうございますっ!
またお会いしたときはよろしくお願いします。
試飲会会場にて西條鶴さんのところに僕がたどり着いた頃、だいぶ酔いが回っていたので正確な判断が出来ないであろうと言う配慮からサンプルを送ってくれたのだと思います(笑)。

この試飲会のレポートはそのうちブログアップしま~す♪
コメント
来たわよ!
chojin bossさん こんにちは。
遂に正体を見たわよ。こんなに素敵なお店をお持ちの方だなんて全く知らずにおりまして、恐れ入りました。
お料理も美しいし、お酒にも詳しくて、しかもちょっぴりご本人辛口風味なところがいいです。
ネット上でしかお会いできないなんて なんて残念なんでしょう・・・

広島のお酒を色々飲まれたのですね。
西條鶴さんはきっと、酒祭り直前でてんてこ舞いだったんで
間違えて送ってしまったんだと思います。
忙しすぎて思わず文面も丸文字になってしまったんでしょう。
おちゃめさんですよね♪


2008/10/18(土) 05:40 | URL | nitro #Ok22V0R2[ 編集]
Re: 広島からの挑戦状っ!
ニトロさんいらっしゃいませ!
コメントまで残していただいてありがとうございます!

お茶目な西條鶴さんは、後日TELで誤送の連絡がありました。(笑)
他にも(僕の友人の所にも)誤送したらしく、確認の為だったみたいです。
僕の所には純米が2本来ましたが、友人の所には、純米吟醸が2本行ってたそうです。
うちの方が値段安くなってんじゃん!
TELで、出来れば交換して試飲してください!との事でしたが、とっくに飲み干してるっちゅーの!(笑)

広島の酒祭りは行ったことが無いので是非行ってみたいです♪

お店の常連さんがわざわざ酒祭りの為に広島に行ってきた!
って言う話は良く聞きます・・・。
僕も誘え~っ!
2008/10/20(月) 04:11 | URL | chojin boss #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。