“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そ~いえば・・・。 エピソード6

明るい農村ブース

この産業展、様々な業態出店がされていて、食品や飲料類だけでなく、制服、食器、厨房機器、内外装業者、はたまた経営セミナーまで・・・。

とりあえず食品ブースで友人とはぐれて・・・(笑)、だしの材料等を取り扱う業者さんのブースへ・・・行ってはみたものの、実際使ってみないと何とも・・・。

物欲しそうに豚肉を見ていたら、その横で鶏卵を取り扱っている営業の方が声をかけてきて、思わず烏骨鶏の卵とエコバッグをいただいてしまいました!
アリガトウゴザイマス。
この卵、なんと1個200円以上する代物らしいです。
このブースの業者さんは、中部飼料株式会社といい、本来飼料を作っている会社なのですが、今回は、豚と卵とブリを持ってきていました。
多分野にて活躍されているみたいですね・・・。

その後も冷凍食品ブースで餃子などをつまみながら視察?食べてるだけとも言います。

赤穂の天塩ブース

赤穂の天塩ブースでは、塩飴を配っていました。
この塩飴を舐めながら一通り回って、入り口付近の宝酒造さんのバーの様なブースで、友人を発見!
合流してもう一度酒類のコーナーを見ていたら、

「おぉっ!」

こんなものを発見♪

ハブ酒

?奄美大島 にしかわ酒造さんのブースです。
とりあえず試飲させていただきました♪
味は思ったよりも飲みやすく、薬膳酒といったところか?
身体に良さそうです!
これ~、ドリンクメニューに載っていたら確実に頼みそうです!
しかも、サワー類が載ってるあたりに・・・。(笑)

ん???今写真を見て気付いたのですが、アルコール度数が30度じゃないですかぁ~♪
飲んだときには、全く度数を感じませんでしたっ!(ただ単に酔っていただけかぁ?)

っと、まあこんな感じでハブ酒で出勤体制に身体を整えて関内へ・・・。
たった一駅だが、真昼間から寝過ごさないよう健闘を祈る!

アディオス!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。