“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭火焼鳥専門店の “ とりわさ ”

とりわさ


鳥取 大山どり とりわさ

捌いたばかりの新鮮な笹身を、湯引きして霜降りにし、薬味にわさび、紅たで、もみ海苔、お好みで大葉やカイワレ大根、ネギを一緒にたまり醤油で食べます。
どちらかというと、鶏刺しに近い感じですかね?

焼鳥屋の定番メニューですが、通常“とりわさ”と言うと、笹身、三つ葉、わさびを醤油で和えたものと言うイメージですか?これだとあまりにも工夫が無さすぎというか、安っぽい蕎麦屋の一品という印象なので、YAKITORI 鳥じん の “ とりわさ ” は、これでやってます。

下に氷を敷いている為、見た目に涼しげで、笹身も冷えた状態を保てる盛り付けです。
たまり醤油の味が通常の濃口醤油よりも、段違いに濃いため少量をつけて食べると、丁度良いと思います。

旨口の純米原酒と合わせて クイッ といきましょう!(笑)
至福の一瞬が味わえます♪
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。