“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万願寺唐がらし 炭火焼き誕生秘話!

万願寺唐がらし


ナス科トウガラシ属で、甘味と独特の風味があります。形が一般的な唐辛子よりも大きく果肉が柔らかいのが特徴です。
姿かたちに特徴があり、繊細な味わいを持つ “ 京野菜 ” の一つです。

万願寺唐 しし唐


写真は友情出演の しし唐くん と、万願寺唐がらし です。
その大きな形を生かして、天然塩を振って丸焼きにして食べます。

「でかいね~・・・。」
「これ、食べにくくない?」
「・・・やっぱ切るかぁ~。」

と、鬼の様な試行錯誤をくり返し、切ることにしました!

「これ、見た目しょぼくない?」
「ど~しよう・・・。」
「おかかでも乗っけて醤油でも垂らしとけば?」
「どう?(見た目の事です)」
「・・・まぁいっか・・・。」

血のにじむような努力と、スタッフとの阿吽の呼吸で結果こうなりました。

追伸・・・
万願寺唐がらしに、そのまま塩を振ると弾いてしまうので、太白胡麻油を塗ってから塩を振ります。
塩は 以前のブログ で紹介した(カテゴリー調味料 参照)天然塩です。
おかかは、鰹節の糸削りです。
醤油は 以前のブログ で紹介した(カテゴリー調味料 参照)相模原の地醤油です。

知らない人が聞いたらふざけた会話ですが、素材・技にこだわりぬいた、隙の無い調理となっております!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。