“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県の地酒 相模灘2

日本酒の話をし始めると、その熱き想いがビンビンと伝わってきましたっ!
季節の限定品も良いけど、久保田さんは

「基本のラインナップ、スタンダードな酒を完璧な状態で提供していきたい!」

っと鼻息荒く語っていました。
全く持ってその通~りっ!

春に搾ったスタンダード酒を生のまま出荷すれば “ 新酒搾りたて 生 ” 、夏になると最近流行の “ 夏吟 ” 、秋になると “ ヒヤオロシ ” や ” 秋あがり ” 、冬に丁度味の乗ったスタンダード酒になる・・・。

小さい規模や、小仕込みで丁寧に醸す酒蔵は、いちいち限定品っと付けなくても、全てが元々限定品です。

相模灘5

ここで酒米を蒸すそうです。
奥に見える小型UFOをひっくり返すとお釜になります。
手前の穴にお釜をズボッっと地面に埋まった形で酒米を蒸すのですネ!
穴の中を覗くと、下部に横穴があり、熱源となるバーナーが置いてあります。

相模灘6

麹室入り口の扉です。
重厚な木の扉です。

中にも入って見せていただいたのですが、まだ造りの前で、前期のお片づけのままだったので自粛しました。
蔵を継ぐ前からの麹室なので、年季の入った木で出来、重厚な造りです。
最近はステン素材の麹室も出てきているそうですが、個人的にはやはり木が好きです♪
蔵元曰く、この木の麹室は梁などがあり、掃除が大変・・・。
って言ってました。

つづく・・・。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。