“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みねたから!

IMGP2892_convert_20080316130029.jpg


≪ YAKITORI 鳥じん ≫ で使用している “ みりん ” で、三河本格本みりん “ 無添加 みねたから ” です。

僕が愛知県出身なので、勝手に応援しているのですが・・・。
昔ながらの手作りで2~3年長期熟成させ、それを生詰めした逸品です。
“ 飲めるみりん ” らしく、初めて仕入れた時には、早速飲んでみました(笑)!

味は、深くまろやかさのある感じで、貴腐ワインのような上品な甘味と奥行きを感じさせる本格みりんです。もちろん他の “ みりん ” と飲み比べてみましたが、たしかに他の “ みりん ” は、飲める味ではありませんでした・・・。
アルコール臭が強いと言うか、舌を刺すような感じがあるんです。
アイスクリームにかけたり、ロックでお客様にお出ししているお店もあるそうです。

料理に使った感じでは、砂糖とは違ったコクがあり、長期熟成されているせいか、色がキャラメルの様で、煮込んだときの艶も良いようです。
割といい値段するのですが、使い始めたら手放せなくなりました。

完璧にただの料理人の自己満足的なアイテムでしょうが、こういう小さなこだわりの積み重ねによって、おいしい料理は完成していくのではないか?と、自分に言い聞かせつつ使っています。

実際常連のお客様に、「おっ!みりん変えたね?」や、「みねたからの無添加みりん使ってるね?」などと言われたことはもちろん一回もありません。

当たり前です!

そんな方がいらっしゃったら僕が「参りました・・・」と言わせていただきます。
そんな方がいないからこそ、この場を借りて色々と言っちゃいます!本当は言いたいんです(笑)!

YAKITORI 鳥じん では、飲み物としてはお出ししてませんが、「みりん飲ませて!」と言っていただければ、テイスティング程度にお出ししますよ(笑)!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。