“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆で日本酒を飲もう!

≪「龍力」本田商店ホームページ≫ におもしろい記事があったので紹介します。

龍力ニュースより抜粋

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

田植えをしましょう!
今、減反が叫ばれていますが、減反よりお米を消費する機会をたくさん作るほうが良いのではと考えます。そこで我々がすぐ出来る事を考えました。
お猪口1杯飲んで頂くと、稲1株、田植えできます。

お米の収穫量とお酒の関係
1反 300坪  8俵  収穫されたとする。
    8×60kg=480kg
1坪の稲の株数  64株
    64株×300坪=19200株

お米1俵(60kg)から特別純米酒  1升瓶 42本 出来ます。
1反から 約480kgのお米が獲れるので、1反からとれるお酒の量は
480÷60×42本=336本
では 1株から できるお酒の量は
336本×1800ml÷19200株=31.5ml

結果   お猪口 1杯で 1株
      お酒(特別純米酒)1合飲んで頂くと 「稲の株 6株」 田植えする事ができる事になります。

農家の皆様に、減反をお願いするよりも、皆で日本のお米を原料にしたお酒を
飲む努力をした方が、自然にも優しいし、環境にも良いし、食料の自給率も上がります。
良い事ずくめなので皆でがんばろうではありませんか。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

特別純米酒を 「一人一日一合をノルマ!」 として計算すると、田圃 一反分のお米を8.7年かかって一人で飲むことになります・・・。

う~ん、思ったよりかかるんですねぇ・・・。

特別純米酒ではなく大吟醸酒に切り替えると、精米歩合にもよりますが、一反分のお米を約4年で消費できます。

これは皆で協力し合って飲まなければ!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。