“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

播州 旬酒 を入荷しました♪

播州 旬酒

山陽盃 播州一献 “ 播州 旬酒 ” 全量地米使用(兵庫県)

倭小槌 “ 播州 旬酒 ” 全量地米使用(兵庫県)

日本のアイデンティティの最たる物、日本酒!
その最高の好適米 “ 山田錦 ” 等がその多くが兵庫県の播州地方で収穫されます。
10月前後に収穫された米が11月中頃から各地の酒蔵でおいしい日本酒に変身します!
蔵によってそのスタイル表情等、個性豊かに仕上がり、楽しみな物となります。

法律的には成人(20歳)になって初めて許される物ですが、以前は1月15日がそのお祝い日(成人の日)でした。
近年は変わりましたが、 “ 播州・酒・食・文化懇話会 ” はあえてこの日をお祝い日としたようです。

日本酒、成人、播州、この必然性を認知して頂く為6年前より企画された『旬酒の会』。
1月15日、この日が播州の風物詩になればと開催されています。
ボージョレーを播州に、ヌーボーを旬酒に置き換え、1月15日がその日に定着する事を夢見ているそうです!

龍力・雪彦山・播州一献・倭小槌・忠臣蔵・灘菊・白鷺の城・葵鶴・八重垣
以上、播州9蔵の播州産山田錦の、純米酒搾りたての会です。

そして YAKITORI 鳥じん でも、この “ 旬酒 ” を、お楽しみいただけます!
今回は手始めに2蔵仕入れました。

播州一献 “ 旬酒 ” と、倭小槌 “ 旬酒 ” です。
来年は、1月15日を狙って仕入れたいと思います!(ずいぶん先ですが・・・。)

横浜 関内で、この “ 播州 旬酒 ” を味わえるのは、YAKITORI 鳥じん だけです!

神奈川県の酒蔵にも、地域の活性化、若年層への日本酒の素晴らしさの伝達等、がんばって欲しいと思います!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。