“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まじっすかぁ~!!!

先日入荷情報でアップした “ 梅の宿 ” が発注かけた商品と入荷した商品が違っていました・・・。
幸いにもまだ開栓前だった為、取替え返品しました。(笑)

これが↓

梅の宿 ヒヤオロシ

実はこれ↓

梅の宿 山廃純吟

実はこんな事が良くあります!

YAKITORI 鳥じん のスタッフはいい歳こいたおっさんが多い(自分も含む)為、まあありえないのですが、日本酒に詳しくないスタッフだと気付かずにそのまま・・・。
なんて事になってるお店も多いのでは?
っと思ったのですが、詳しいスタッフがいないお店は決まった銘柄数種類しか入荷しないので、そんなことも少なそうですね・・・。

あと良くある間違いは、BY違い・・・。
ブリュワリー・イヤーの頭文字の略です。日本語で言うと、醸造年度です。
今だと19BYがいわゆる今年のお酒ですが、(一部既に新酒シボリタテも出てきて
いますが・・・。)倉庫にて “ 自家熟成 ” させていた商品を納品する業者もいます。

“ 生酒 ” を発注したのに “ 火入れ ” の酒を持ってくる業者もいます。
おっちょこちょいな方です。このパターンは問屋系の業者に多いですね~・・・。

温和な僕はこの程度では全くキレません。(笑)
人間誰でも間違いはあります。消費者に正確に伝わる様、お互い気をつけましょう!

それにしても、生もと仕込みや、山廃仕込みのお酒はぬる燗、熱燗がとってもおいしいです♪
僕もすっかり “ おっさん化 ” してる様です(笑)!


追伸:このコラムを読んで思わず声を出して笑ってしまった方!そうとう日本酒に詳しい方とみました。仲良くしましょう♪
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。