“YAKITORI 鳥じん”に関する情報を店主の気まぐれで発信していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第41回 酒鈴の会 が YAKITORI 鳥じん にて開催されました!

“ 高知の蔵元 美丈夫 さんを囲む会 ”
が YAKITORI 鳥じん にて開催されました!

酒鈴の会でも、過去最高参加人数の31名でした!

この日の日本酒類ラインナップ♪

美丈夫 ラインナップ

美丈夫 “ 薫 ” 山田錦40% 本年度銀賞受賞酒
美丈夫 “ 華 ” 純米大吟醸 山田錦40%
美丈夫 純米大吟醸 兵庫県東条産 山田錦45%
美丈夫 “ 麗 ” うすにごり 活性吟醸 本生 松山三井55%
美丈夫 純米吟醸 吟の夢
美丈夫 純米吟醸 山田錦
美丈夫 純米吟醸 雄町
美丈夫 純米吟醸 松山三井
Bijyofu ゆず リキュール
Bijyofu ぽんかん リキュール
美丈夫 蔵元の仕込み水(日本3大美林 “ 魚梁瀬杉 ” からの超軟水伏流水)

この日のフードメニュー♪

前菜3種盛り(紫芋 白胡麻ソース・ボルチーニ茸のブランダード・モッツァレッラチーズのバジルソース)
スティック野菜 特製味噌添え
自家製 漬物盛り合わせ
賀茂茄子の田楽 茗荷 しし唐
石川小芋の きぬかつぎ
水晶笹身の梅肉和え モロヘイヤ なめこ茸
竜田揚げ
炭火串焼 6串打ち ( おっぽ・砂肝・まきみ・つくね・どんこ椎茸・新ぎんなん )

(有)濱川商店 清酒 “ 美丈夫 ” “ 濱乃鶴 ” 醸造元
〒781-6410
高知県安芸郡田野町2150

営業部長 兼 杜氏 の小原さんに来ていただけました!

美丈夫 小原さんと

小原さんは、同じ高知県の酔鯨酒造さんにて25年間、福杜氏として活躍され、この美丈夫にて5年間杜氏をされているベテランです!
52歳だそうです。
たった5人で造っている為色々な役職を兼務されているそうです。
やる気満々で蔵のパンフレットの他に、蔵のこだわりを簡潔に書いたプリント等もご持参いただけました。

美丈夫 販促グッズ

“ 飲み飽きしない、食中酒としての純米吟醸酒 ” を追求されています!
大きく2つの特徴があり、
◎超軟水の仕込水と麹造り
◎独特の貯蔵方法
だそうです。

乾杯用の “ 美丈夫 “ 麗 ” うすにごり 活性吟醸 本生 松山三井55% ”

美丈夫 活性吟醸

お約束のぐちゃぐちゃ~(笑)!

美丈夫 酒鈴の会

皆さん自分の酒確保の為必至ですっ!席を立って動き回ります。

今回は人数も多かったせいか、とても賑やかな会となりました。
始めは活性酒で乾杯し、出品酒へ移行するはずが、既に他の一升瓶が席に配られてしまった為、どれがどの酒だかわからない状態になっていました。(笑)
さすが日本酒好きが集まる会だけあって、細かいことは気にしません!

若い方には活性酒の人気がありましたが、年配の方にはゆずリキュールが人気でした。

杜氏の小原さんも率先して酒を説明しつつ注ぎに回っていました!
ある意味一番動いていました。お疲れ様です・・・。
コワモテですが仕事熱心ですネ!
今後もおいし~お酒をよろしくお願いしま~す。

最後は集合写真でウイッシュ♪

美丈夫 集合写真

皆さん嬉しそうな表情をしています♪
まじで~めっちゃいい感じです!(笑)

追伸・・・この会の参加者 “ 砂山さん ” からの差し入れで “ 千葉県産市川の梨 ” も甘くておいしかったです!
ごちそうさまでした~。おつかれさまでした~っ!
スポンサーサイト

広島制覇なるかっ! その3

会場を出て、次にハシゴで横浜に戻ってワインの試飲会に参加する予定ですが、道をゾンビーの様に千鳥って歩いていると、一部ワイドショー等で話題になった名古屋の老舗味噌カツ屋 “ 矢場とん 銀座店 ” を発見!

「コレは、食べておかないと~♪」

って事で友人Sさんと意見が合致し、空腹を満たすことに。

矢場とん 味噌カツ

ロース味噌カツ(名前違ったかも・・・)を頼むと、鉄板に乗って出てきました。
通常生キャベツが添えてある代わりに、鉄板で焼きが入りその上に味噌カツが鎮座しています。
結構なボリュームです!
超お腹一杯になってしまいました・・・。

えっ?味ですか?

名古屋育ちの僕は基本超辛口コメントなので聞かないでください・・・。

「何言っとるの~、あんたが言い出したんだがんっ!」
「腹がどえらい事になっとるし、もう飲めれんでよ~。」
「でもビール飲んどるがねぇ~。」
「何言っとんのぉ、ビールはご飯だら~。」
「ほなね~。」

名古屋弁はこんな感じだった気がします・・・。久しく使ってないので忘れてしまいました・・・残念・・・。
関東の方が聞くと、普通の会話が基本怒っている様に見えるみたいです!
上京したての頃、苦労しました。(笑)名古屋出身の方は気をつけましょうっ!

満腹ゾンビーになったところで、一路横浜へ向かうのでした。
途中、間違って羽田に行きそうになりつつも、何とか横浜へ・・・。
(大の大人二人が、まさか電車を乗り間違えたなんて事はハズカシくて言えませんが)笑

残念ながら、やはり寄り道したせいでワインの試飲会には間に合いませんでした(笑)。
一応会場に顔を出すと、撤収作業の真っ最中で、

「コレくらいしかありませんが・・・。」

赤ワインが半分くらい入ったものをいただきました・・・。
お忙しい中の対応アリガトウゴザイマス。

友人Sさんと、横浜駅の崎陽軒のレストランでビールを片手に今日の試飲会の反省会をし、そしてさみしく帰路につくのでした。

おしまい。

広島制覇なるかっ! その2

≪ 華鳩さん ≫ のブースにて

華鳩 貴醸酒 大吟醸造り


貴醸酒 大吟醸造り 19BY
今まで貴醸酒は、長期熟成されたものしか飲んだ事が無かったのですが、ビックリ!!!

「こっ、これはっ!  口当たりは甘いのですが(日本酒度ー49度)、大吟醸造りらしくキレがあります。」

え~・・・、ちなみに香り等の詳細は忘れてしまいました・・・。
ここにたどり着くまでに、既に半分くらいブースを回っていた為ほろ酔い?で、かな~りい~感じに僕が仕上がっています!(笑)
それでも驚きの味わいでした!まるで、目が覚めるようでした!
(全く覚めませんでしたが・・・笑。)

375mlボトルで 5,250円(税込み) の限定品みたいですが・・・。

この、物凄い味わいのわかる日本酒飲みがいったいどれだけいるのでしょうか・・・。
普通に「これは甘いネ!などと言われてしまうと悲しいです・・・。確かに甘いのですが・・・。」
ひさびさにこの手の酒で 「うおぉっ!」 って思いました!感動しました。
今度是非シラフの時に再度テイスティングしてみたいです(笑)。

≪ 本洲一さん ≫ のブースにて

なぜ一緒に写真を撮らなかったのか・・・。(ものすごく後悔・・・。)
ブースに立っている方が実は杜氏の土居さんでした。
パッと見失礼ですが、テキヤのおじさんかと思ってしまいました(笑)。
厳つい顔のボーズ頭 (というかツルッツル) をして恰幅も良いのですが、試飲してみると思わず噴出しそうになってしまいました。

何故って?

滅茶苦茶フルーティーでかつ繊細な味わいなのですっ!

今回の広島研酒会では、季節がら燗向きの酒が多く出品されていた為、一際目をひきました。
またまた失礼ですがど~しても言いたい本人の前で言えなかった一言・・・。

「 この顔でこの酒かよっ!!! 」

はぁ~スッキリッ!
ある意味一番印象に残っておりますっ。造りに対する情熱もオーラから伝わってきましたっ!
これからもがんばってくださいっ♪

他にも色々飲みましたが、特に印象に残ったここら辺までと言うことで・・・。

つづく

広島制覇なるかっ! その1

第4回 広島渾身の地酒 利き酒会

 やっぱり酒は広島じゃけん!!
     主催 広島県酒造組合(広島研酒会)

に、9月10日(水)に行ってきました!

友人Sさんと現地集合したのですが、遅れてくるとの事だったので、一足先に会場入りしま~す!

広島研酒会

広島の数ある蔵元の中から渾身の地酒を20蔵が持ち寄ったそうです。

あっ、ちなみに参加蔵元の銘柄です・・・。(順不同)
一代、老亀、於多福、賀茂泉、賀茂鶴、喜美福、旭鳳、亀齢、西條鶴、神雷、瑞冠、誠鏡、千福、白鴻、白牡丹、華鳩、菱正宗、福美人、本洲一、龍勢。

この各蔵元が、約5種類づつ持ち寄っています。(蔵によって持ってきている数が違います。)
う~ん・・・。片っ端から行くと撃沈必至ですね~・・・。
心の中で勝手にスケジュールを組みます♪

考えながら写真をパチリ!

広島研酒会様子

試飲しながら写真を撮るのは、ものすごく労力が要りますね~・・・。
僕には出来ないっぽいです(笑)。写真ばかり撮っていると、お話が出来ないからです。

っと言うわけであまり写真を撮っていません・・・。スミマセン!

しばし考えたがめんどくさいので、片っ端からいく事にしました♪
飲んだことのない銘柄も多く、会場でもらった出展リストの順に全て回りました。
僕って本当に勉強熱心ですね~!

喜美福さんのブースにて

燃火燗

ジャケ買いしそ~なラベルが目をひきましたっ!
MAHICAN
燗が旨い酒 だから燃火燗(もひかん)
異文化が混ざり合ったアバンギャルドな燗酒!燃火燗を片手に今日も語り合おう!!

って書いてあります(笑)。
写真は “ 燃火燗 純米吟醸 ひやおろし 残炎 季節限定 ” です。
いかにもお燗向きな味です。

ガチンコに造り込んである大吟醸も好きですが、こ~いった “ ふざけた ” 日本酒も好きです♪
色々あってい~んです。楽しく飲めれば良いのですっ!

最近特にこの手の味の日本酒が多い気がします。
どの蔵も、お燗に相当力を入れているみたいですネ。
サッパリ辛口なのに、米のふくよかな味と香りがあり、燗負けしないコシがあります。
冷酒で飲むと、いわゆる “ おじさんの味 ” ですが・・・。

つづく・・・。

広島からの挑戦状っ!

先日行った試飲会 “ やっぱり酒は広島じゃけん!! ” の参加蔵元の一つ ≪ 西條鶴醸造? ≫ さんからダンボール箱が届きました。箱を開けると中から出てきたのは、

西條鶴さんより

「拝啓、朝夕は涼しくなり日本酒の美味しい季節になってきました。
先日はお忙しい中、広島の酒きき酒会にお立ち寄り頂きありがとうございます。会場にてきき酒いただきました 純米酒2種 をお送りさせていただきます。
料理と合わせて試飲下さい。
会場とまたちがっていると思います。
これから酒造期に入ります。関東へ出張の際は、ぜひ立ち寄らさせて頂きたいと存じます。
鬼頭様のご健勝をお祈り申し上げます。
まずは御礼にて失礼します。   敬具」

西條鶴さんお手紙

と言う丁寧な文面と、その文面にあるであろう2種類の詳細説明文、と共に1合程の小瓶が2本・・・。

さて、この2本のラベルを良く見ると、全く同じスペック表記が・・・?。

西條鶴さんサンプル

******************

純米 “ 蔵楽 ” 瓶火入れ
蔵は楽しい 蔵で楽しむ 蔵を楽しむ
酒蔵で酒造りを楽しみ仕込みました。

・・・途中省略・・・

原材料 米・米麹 中生新千本
精米歩合 70%
アルコール度数 15度以上16度未満
日本酒度 +7
酵母 協会9号
酸度 2.2
醸造年度 平成19BY

******************

この2本全く同じである・・・。

詳細説明文にはたしかに

西條鶴さんサンプル詳細文

◎蔵楽 辛口 純米酒
使用米 中生新千本・精米歩合70%

◎蔵楽 純米吟醸
使用米 八反錦・精米歩合60%

とあります。

「まさかっ!」

2種類送ると書いておきながら慌てて同じものを2本送ってしまう “ おばかさん ” では、あるまいに、これはきっと僕に向けた挑戦状でしょう!

「君にはどっちか解るかね?」

とあざ笑うのが目に見えるようです。
まさに “ 蔵で楽しむ ” とスペック表記にされているまんまではないですか・・・。(笑)

さっそく試飲しました♪
両方をグラスに注ぎいれ、交互に何度も何度も・・・。

「こっ、これはっ!」
え~、はっきり言って同じ日本酒です!
慌てて同じ商品を入れてしまったのでしょう。
香り・色沢・粘度・含み香・辛さ他・・・。
中身は別だけどラベルだけ貼り間違えたのか?
酒造米が違うから、もっと味が違っていいはず・・・とか考えたり、
醸造年度が違うのか?とラベルを見直したりしちゃいました・・・。(一瞬の間ですが。)

まさに “ 蔵は楽しい ” 方ですネ!
そんなに慌てなくても良いですよ~♪別に逃げも忘れもしませんからっ!(笑)

西條鶴さんわざわざ丁寧に送って頂いてありがとうございますっ!
またお会いしたときはよろしくお願いします。
試飲会会場にて西條鶴さんのところに僕がたどり着いた頃、だいぶ酔いが回っていたので正確な判断が出来ないであろうと言う配慮からサンプルを送ってくれたのだと思います(笑)。

この試飲会のレポートはそのうちブログアップしま~す♪

白鷺の城 亀の甲 “ 寿亀 ” 純米大吟醸 亀の尾 壱拾壱

寿亀 壱拾壱

明治29年、阿部亀治によって誕生した新しい品種「亀の尾」。
その始まりは、黄色く熟れた三本の穂との出会いでした。
そして当蔵もまた「亀の尾」と出会って以来、米の素晴らしさ魅了されっぱなしです。
亀治さん、貴方様のお米はなんと不思議な力を持っているのでしょうか。
圧巻、1ミリの醍醐味。1ミリの米を、味を創造した事があるだろうか。
その姿は、丸くそして白く輝き、万華鏡のようなオーラを漂わせ、私の目を釘付けにし虜にしてしまった。
一見ひ弱な素振りを見せるのだが、人知を越え宇宙をも巻き込んだ壮大な1ミリの世界を披露してくれました。
それはまるで、私達を「あっ」と言わせる事を楽しみにしていたかのように。
「いかがかね。」
なんて神の声かしら。
良質の「亀の尾」を育てたお百姓さん、精米師の満ち溢れる技術力、蔵人達の情熱に感謝し、今日のこの喜びを皆と分かち合いたい。
「亀の尾」よ、私達を永遠の冒険に誘っておくれ。
平成20年 超限定酒 「純米大吟醸 亀の甲 寿亀 壱拾壱」 に乾杯。

インナーラベル裏より
寿亀 インナーラベル

え~・・・、さっそく飲みましたっ!
(Aさん、Hさん、ごちそ~さまです!いつもありがとうございますっ!)

この “ 寿亀 ” を飲んだとき、相当泥酔状態(仕事中でしたが、仕事前に日本酒の試飲会に参加し、営業中もお客様からいただいたお酒で、撃沈寸前!気力だけで営業終了まで何とか持たせました・・・。後から聞いた話ですが、いつもより3テンポくらい反応が遅かったそ~です(笑)。笑い事じゃありません・・・。ご迷惑をおかけしました。反省)
だったのですが、目の覚めるような(覚めませんでしたが・・・。)味わいでしたっ!

以前入荷した、“ 亀の甲 純米大吟醸 弐拾弐 ” よりも味が濃厚に感じました。
若干熟成されて出荷されるからでしょうか?精米歩合が上がっているので更にクリアーになるのかと思っていたのですが、亀の尾らしい米の旨みが凝縮されていて、かつキレのある味です!
「もう飲めません!」 って言う状態でもスルリと身体に入っていってしまいました。
恐ろしい日本酒です。

蔵元と農家と精米職人が、持てる全てを出し切って挑戦している酒ですから、その匠の技に酔いしれましょう!

去年の “ 寿亀 ” の精米歩合が、14%だったのですが今年は更に上げてきました。
おそらくこれが限界であると思います。
瓶の裏ラベルに文章が(ポエム?)書いてあるのですが、これも去年と違う文になっています。凝っていますネ!
何年もかけてたどり着いた境地です。飲むだけでは解らないであろうお百姓さんの苦労や、精米師の技術や意地、酒蔵の我が子を育てるかのような愛情を考えると、涙が出てきそうになります。
まさにこれ以上ない感動する味わいです!

是非ワイングラスで飲んでください!と言うことなので、ワイングラスにて提供します。
こんな時の為に購入した
“ リーデル ヴィノム シリーズ ボルドータイプ ”
の大きなワイングラスにて味と香りに酔いしれてくださいっ!

このお酒は、限定400本みたいです。
超限定酒の為、飲みたい方はお早めにどうぞ!

新入荷 日本酒情報!

新入荷19

亀の甲 “ 寿亀 ” 純米大吟醸 亀の尾 壱拾壱

白鷺の城 純米吟醸 生

龍力 “ 田 ” 特別純米 赤磐雄町100%使用

倭小槌 大吟醸 雫酒 生

奥播磨 純米吟醸 超辛口 黒ラベル

待望の “ 亀の甲 ” が入荷しましたっ!
前回入荷したときのものは “ 寿亀 弐拾弐 ” でしたが、今回入荷のものは、今期最高精白の亀の尾で仕込む 超限定酒 で、 “ 寿亀 壱拾壱 ” です。
精米歩合なんと!11%です。
気合入りまくりです!

入荷情報をアップするのが遅れてしまいました・・・。
既に開栓されておりますが、感想詳細レポートはそのうち・・・。

この時期試飲会等も多く、この秋積極的に参加しに行ってますっ!
試飲会レポートもそのうちにブログアップしますので、お楽しみに~!

新入荷 日本酒情報!

新入荷18

天寶一 純米 秋あがり 冷詰 福井産五百万石 (広島)

土佐しらぎく 純米吟醸 ひやおろし 生詰 高知県安芸市入河内産 吟の夢 100%(高知)

醸し人九平次 純米大吟醸 “ 別誂 ”(名古屋)
      EAU DU DESIR 播州山田錦 35% 2008年9月出荷 限定品

上喜元 純米吟醸 中取り 生もと 雄町 赤ラベル(山形)

日本酒も秋を感じさせる入荷となりました!
土佐しらぎくのラベルデザインが個人的に気に入っています。
天寶一のラベルも秋らしいですネ!
醸し人九平次は少しの間切らしてましたが、今年のものが入荷されました!

「無いよっ!」

って、僕に言われてしまったお客様、スミマセン・・・お待たせいたしました♪

既に、醸し人九平次が開栓されていますが、勉強熱心な僕が開栓して毒見をしておきましたっ!
時節柄毒見は重要です!決して飲みたいから飲むのではありません(笑)!
あくまでも確認ですっ!

せっかくなのでコメントを・・・笑。

フルーツのマスクメロンではなく、プリンスメロンの様な甘すぎない瓜系の果実や、青りんごの様な酸を感じさせる爽やかな香りがあります。
味わいは、やはり若干酸を感じさせ、口に含むとピリピリと感じます。
とても火入れの日本酒とは思えません。
何年か前にあった苦味の様な舌がイガイガする様な雑味も無く、米の旨みが充分に感じられ味キレが良く、余韻の辛さも心地よいです!

僕の出身地愛知県の日本酒だけに採点甘めか?(笑)

いやいや、本当においしいです♪ いい仕事してます。

今年の“ 別誂 ” もお勧めです!

第41回 酒鈴の会 のお知らせ!

朝晩は幾分涼しくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて、今回は高知県の蔵元 “ 美丈夫 ” の ?濱川商店 さんをお招き致します!

小さな土佐の蔵だから出来る酒造りにこだわりたい!と考え、一つ一つの工程に対する丁寧な酒造りを基本に、仕込みを小さくすることで、きめ細かく手が行き届いた酒造りをしています。

日時    2008年9月27日(土) 17:00~19:00

場所    ≪ YAKITORI 鳥じん ≫
       神奈川県横浜市中区不老町1-6-10 苗場ビル2F

会費    5,000円(酒、軽食代込み) 会費は当日申し受けます!

締め切り  2008年9月25日(木)まで!

定員    25名様まで!(最近大人気の為、定員なり次第お申し込みをお断りしているそうです!)

出品予定酒
今年の鑑評会出品酒 ~ 下のクラス まで! (蔵元の仕込み水もネ!)
NY帰りの小原部長に依頼してあるので、お土産話と共に楽しめそうです!
当日多少の変更の際にはご了承願います。

酒鈴の会へのお問い合わせは・・・

幹事の花田さんのEメールまでどうぞ!
    E-mail:takayuki.hanada@nifty.ne.jp
        
CHOJIN’s Blog を見ました!と、メールの文頭に明記し、お名前と参加人数、TEL番号をお知らせください。
折り返し連絡がいただけるそうです。
明記しないといたずらメールと間違われて削除されてしまいます!

注意:当店、当ブログ上では、申し込みをお受けできませんのでご了承ください!

ポルチーニ茸とベーコンのブランダード タタミイワシのミルフィーユ仕立て

ポルチーニ茸とベーコンのブランダード

本来フランスで、塩鱈とジャガイモで作る “ ブランダード ” と言う料理を、秋の味覚 “ 茸 ” とベーコンでアレンジしました!

「な~に、ただのポテトサラダじゃん!」

っと、言わせないために “ ポルチーニ茸 ” の香りをジャガイモに移し、いろいろな茸をふんだんに入れ、さらに駿河湾産の “ タタミイワシ ” の食感を効かせてミルフィーユ状に仕立てました。
ジャガイモの滑らかさを出すために、裏ごししてフレッシュクリームを加えています。
秋らしい、茸の香りたっぷりに仕上がっています!

ポテトサラダの原型と言われる料理で、 “ マセドワンヌ ” というサラダがあります。
じゃがいもをピューレ状にしたポテトサラダで、このサラダのネーミングでブランダードにするか、マセドワンヌにするか悩みました。
結果、どっちにしても解りづらいので、どっちでもいっか・・・。
っと言うことで、ブランダードにしましたっ!(笑)

“ ポテサラ ” と表記してしまうと、何の工夫もしてない感じがしてためらってしまいました。
YAKITORI 鳥じん のメニューは文字だけなので、メニュー名から料理を想像できない商品や、漢字が読めない商品、知らない単語の入った商品は、やっぱりオーダーがあまり入りません!

僕なら店員に聞くのですが、聞けない方も多いと思います。

YAKITORI 鳥じん の料理はどれを食べても “ おいしい ” はずだっ!
っと思って、どのお客様からも信頼してオーダーしていただける店にしていきたいです。

解ってはいるものの、ポテトサラダと書けない自分に “ 喝っ! ”

そ~いえば・・・。 エピソード6

明るい農村ブース

この産業展、様々な業態出店がされていて、食品や飲料類だけでなく、制服、食器、厨房機器、内外装業者、はたまた経営セミナーまで・・・。

とりあえず食品ブースで友人とはぐれて・・・(笑)、だしの材料等を取り扱う業者さんのブースへ・・・行ってはみたものの、実際使ってみないと何とも・・・。

物欲しそうに豚肉を見ていたら、その横で鶏卵を取り扱っている営業の方が声をかけてきて、思わず烏骨鶏の卵とエコバッグをいただいてしまいました!
アリガトウゴザイマス。
この卵、なんと1個200円以上する代物らしいです。
このブースの業者さんは、中部飼料株式会社といい、本来飼料を作っている会社なのですが、今回は、豚と卵とブリを持ってきていました。
多分野にて活躍されているみたいですね・・・。

その後も冷凍食品ブースで餃子などをつまみながら視察?食べてるだけとも言います。

赤穂の天塩ブース

赤穂の天塩ブースでは、塩飴を配っていました。
この塩飴を舐めながら一通り回って、入り口付近の宝酒造さんのバーの様なブースで、友人を発見!
合流してもう一度酒類のコーナーを見ていたら、

「おぉっ!」

こんなものを発見♪

ハブ酒

?奄美大島 にしかわ酒造さんのブースです。
とりあえず試飲させていただきました♪
味は思ったよりも飲みやすく、薬膳酒といったところか?
身体に良さそうです!
これ~、ドリンクメニューに載っていたら確実に頼みそうです!
しかも、サワー類が載ってるあたりに・・・。(笑)

ん???今写真を見て気付いたのですが、アルコール度数が30度じゃないですかぁ~♪
飲んだときには、全く度数を感じませんでしたっ!(ただ単に酔っていただけかぁ?)

っと、まあこんな感じでハブ酒で出勤体制に身体を整えて関内へ・・・。
たった一駅だが、真昼間から寝過ごさないよう健闘を祈る!

アディオス!

そ~いえば・・・。 エピソード5

千代むすびブース

会場へ入ると、「とりあえず喉を潤しますか~♪」って事で、小西酒造のベルギービールコーナーにでも行こうと思いましたが、友人と意見が合わず ≪ 千代むすび ≫ さんへGO!

ブースに着くと、どうやら最初の客だったらしく、大歓迎をうけました。

「このイベントが終了しだい4名でお店に伺います!」
っと、社長の岡空さんじきじきに予約までいれていただきました♪
ありがとうございま~す!

とりあえず、気になっていた “ 子悪魔 ” が一番左に陳列されていたので、左から順に♪

小悪魔

寝起き+すきっ腹に、日本酒は効きます!(笑)
この “ 小悪魔 ” は、若干低アルコールで、ジャパニーズシャンパーニュの様な活性具合です!
甘いのかと思いきや、意外とドライです。
ビールの変わりにコイツで乾杯!
的な味ですかネ?

次に、純米吟醸 なかぐみ(酒へんに舌と書きます) 生。

なかぐみ

他スタンダードなラインナップ
を飲みながら(試飲とはいえ、僕は吐き出さずに喉越しを確かめるタイプです♪)、だんだん右のほうへ行き、徐々にアルコール度数が強くなって・・・。

「って、いつのまにやら焼酎じゃん!」

最近は日本酒蔵でも焼酎を作るところが本当に多くなりました・・・。
片っ端から試飲する派の方は気をつけましょう!(笑)

後から社長に聞いた話ですが、僕はあまりしゃべらない印象だったみたいです。

「お店の営業中は顔の表情が生き生きしているネ~!」

と、言われました!
産業展を振り返ってみると、半分寝てたか脳味噌が半分死んでいたか・・・。
うつろな状態で会場をフラフラしていたのか?(笑)

一通り試飲&トークを済ませ、お土産に “ 小悪魔 ” を1本いただき、ご予約もしていただいたところで、

「まだまだこれから会場を回るので・・・。」

っと、超ゴキゲンで 千代むすび酒造 さんのブースをほろ酔いで後にするのでした。

店主 これから会場を回り、格ブースを見てからお店に出勤なのに大丈夫かぁ?(笑)

注意:日本酒と焼酎を間違えるはずがありません!僕の事を知らない方がこのブログを読んだ時の事を考えて、一応念を押しておきます・・・。

つづく

そ~いえば・・・。 エピソード4

8月19日(火)に、居酒屋産業展2008に行ってきました!

≪千代むすび酒造?≫ さんのご招待で行ってきました。
場所は“パシフィコ横浜”と、近かったので、ちょい早起きをして出勤前にサクッと寄り道です!

朝っぱらから飲む気まんまんで、乗りなれない電車にてMM21(みなとみらい)へGO~♪

会場入り口付近で友人と現地集合!
最近機種変更したばかりの、使い方の全くわからない携帯のデジタル表示を見ると、朝の10:30と表示されています。(いつもはまだ寝てる時間です。)

そして入口受付に並びます・・・(並ぶのか?)。
手際のめちゃくちゃ悪い “ おね~ちゃん達 ” にイラッとしながらも笑顔で通過、何とか受付を終えイザ会場へ。

ちなみに携帯は 〓SoftBank のPANTONEの白です。
PCと携帯

愛用のパソコンが富士通のFMV-BIBLO 白色の為、色を統一!
と言えば、おしゃれに聞こえるかもしれませんが、前の携帯を4年以上使っていたため?
第二世代携帯のサービスを中止するので3Gに変えろというハガキが送られてきたからです・・・。

ん?
話が脱線してしまいました。

つづく

秋のメニューに・・・。

8月も 「 あっ 」 っと言う間に過ぎ、9月になってもう6日もたってしまいました!

まだまだ日中は暑い日が続いていますが、暦の上では “ 秋 ” です!

っと言うわけで、YAKITORI 鳥じん も、秋メニュー に・・・したのか?(笑)

真相は YAKITORI 鳥じん に実際に行って確かめましょう!

紫芋 パープルスイートロード

パープルスイートロード

こちらは千葉産です。

薩摩芋には食物繊維が多く、便秘を解消したり、大腸がん予防、糖尿病や高脂血症や高血圧を予防します。
緑黄色野菜よりもエネルギーが高いので、肥満が気になる人は注意したほうが良いようです。
中でも紫芋には、アントシアニン色素が多く含まれていて、この色素には強力な抗酸化機能を持ち、動脈硬化やガンを防ぐと言われています。

YAKITORI 鳥じん では、とりあえず “ お通し ” で使っていきま~す!

石川早生

石川早生

読めない方のためにフリガナを・・・、イシカワワセと読みます。
石川小芋とも呼ばれています。
里芋のちっちゃいやつ♪って感じです。
写真は静岡産のものです。

里芋の “ ぬめり ” には、マンナン、ムチン、ガラクタン等の成分から構成されていて、マンナンには、便秘予防、肥満防止、糖尿病予防、コレステロール低減作用等が知られています。

ムチンには、胃の粘膜を保護したり、肝臓や腎臓の働きを助けたり、老化予防に効果があると言われています。

ガラクタンには、便通を良くし、血糖値や血中コレステロールを低下させ生活習慣病の予防に役立ちます。

YAKITORI 鳥じん では、きぬかつぎにしてお出しします!
天然塩をつけてお召し上がりください。
他にも考えてONメニューしま~す♪ たぶん・・・。(笑)
プロフィール

chojin boss

Author:chojin boss
本名:鬼頭 寛 Hiroshi Kito
東京 池袋の中華料理店、イタリアンレストランを経て、横浜 石川町の某有名焼鳥店にて、5年間店長を任された後に、2005年4月1日に横浜の関内にて、超本格 炭火焼鳥と日本酒の専門店
   “YAKITORI 鳥じん”
を独立開業。「おいしいものなら何でも有りでしょ!」を心に、日々和食に限らず、洋食、中華、アジアと、ジャンルを問わずに料理を研究し続ける、華の47年組!

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。